WORK

業務案内

神奈川県横浜市の有限会社千田建設は、上水道工事・下水道工事・舗装工事・維持工事を通じて街のインフラを支えるプロフェッショナル集団です。人に優しく住みやすい街づくりに取り組み、地域に貢献しています。
高度な技術や多数の工事実績、豊富な経験に基づく柔軟な対応力で、作業現場の状況に応じた最適な施工をお届けしてまいります。
弊社が手がけている主力業務については下記をご覧ください。

上水道工事

蛇口から出てくる水の通り道と、その途中にある施設をまとめて「上水道」といいます。ダムや湖などの貯水池から浄水場に送り込まれた水は、活性炭処理・沈殿処理・ろ過・消毒などの過程を経てようやく水道法で定められた水質基準を満たす水になります。
誰もが安心して使用できる水の供給システムを整えるのが弊社の役割です。

弊社が行なっている上水道工事の主な流れは以下の通りです。

  1. 試掘工:道路の下に埋まっている管路の正確な位置を調査します。
  2. 配水管新設工:新しい水道管を設置します。
  3. 給水管取付替工:各家庭の給水管を新しい水道管に付け替えます。
  4. 既設配水管撤去工:これまでに使用していた古い水道管を撤去します。
  5. 路面復旧工:路面を舗装し直します。

近隣住民のみなさまのご迷惑とならないよう、さまざまな工夫と配慮のもと工事を行ないます。

下水道工事

使い終わった上水や雨水・汚水などの通り道と、その途中にある施設をまとめて「下水道」といいます。
雨水・汚水を一緒に流す「合流式」と、汚水管・雨水管に分けて流す「分流式」があります。
弊社では道路に下水道本管を埋設し、取付マスを設置するまでの作業を担当しています。取付マスとは各家庭などの汚水を下水道本管に流すために敷地内に設置するマスのことです。
原則として1戸につき1個、公道との境界線から1m以内の場所に設置します。
また、汚水管・雨水管の整備工事や既設管を補修する維持管理工事も請け負っております。

舗装工事

上水道工事・下水道工事にともなう道路の仮復旧や本復旧の工程も一貫して請け負うことが可能です。
アスファルト舗装を剥がして水道管を埋設した箇所に砂利・砂をまいて新しいアスファルトを敷き、コンバインドローラーなどで固めます。既設の舗装部分や側溝とのつなぎ目が段差にならないよう、丁寧に作業を行ないます。
また、一般道路の舗装工事も行ないます。経年劣化による亀裂部分の補修など、さまざまな問題を解決してきた経験を活かしてお客さまのご要望に対応いたします。ダンプカーなどの重機も自社で保有しております。
公共工事に携わった実績もございますので、安心してお任せください。

維持工事

道路に設置されているマンホールの蓋は、その上を車や歩行者などが通過することで大きな負担がかかっています。年月の経過とともにダメージが蓄積し、「踏むとぐらぐら動く」という不安定な状態になってしまうこともあります。そのような蓋を、道路と再び水平になるよう調整するのも弊社の仕事です。
ほかにも道路維持修繕工事・宅内修繕工事など多岐にわたる工事を請け負っております。
近隣の住民の皆さまと事前にお打ち合わせをし、関係各所と調整を行ない、設計図に基づく正確無比の施工をお約束いたします。